ジャンルで探す ポップス ラテンオムニバス ヒーリング フォーク 民謡 クラシック

お客様の声
検索

お問い合わせはこちらから
お気に入りに入れる
めんそ〜れ!(ようこそ、いらっしゃいませ)「沖縄島唄くらぶ」へ はじめまして、高橋直夫(なおと)と高橋浩夫(ひろと)と申します。 数あるサイトの中から私どもを訪れてくださいまして、ありがとうございます。・・・

詳しくはこちら

インフォメーション
沖縄島唄くらぶ

〒531-0063
大阪市北区長柄東2−6−6−1101
代表/高橋直夫
WEBサイト代表/高橋浩夫

なおべぇのココ↓
「沖縄かりゆし日記」

入って下さい見て下さい!ココ↓
ヒロスケの「沖縄ナンクルだより」

TEL:06−6351−0336
受付時間10:00〜16:00(休業日除く)
FAX:06−6351−0336
E-MAIL:info@simauta.jp

JASRAC許諾番号:S0909172140
JASRAC許諾マーク

営業日カレンダー


のカラーの日は
各種対応をお休みさせて
いただいております。

沖縄島唄くらぶでは、売り上げの一部を 「沖縄の自然環境保護」に役立てるため 寄付させていただきます。
イチ押しアーティスト
ネーネーズ

ネーネーズ



プロフィール

1990年夏、沖縄音楽界の第一人者・知名定男のもとに結成。91年4月にリリースしたファーストアルバム【IKAWU/イカウー】が話題を呼び、97年まで立て続けにアルバムを発表。数多くのライブをこなし、2度のヨーロッパツアーをも成功させ、名実共にその地位を確立した。
1999年11月15日、沖縄コンベンション劇場での公演を節目とし、メンバーを一新。2000年九州沖縄サミット時には、ロシア・フランス・イタリアで行ったミュージカル風の琉球民族芸能公演【島唄の世界】に、沖縄芸能派遣団の一員として参加。これによって成長を遂げ、02年3月に発表したアルバム【美らうた/チュラウタ】では、今までとは違う新しい世界を樹立した。
04年11月にアルバム【愁/シュウ】、08年8月に【彩〜sai〜】を発表。大阪ドームでの琉球フェスティバル2004〜2007に出演。現メンバーも又、プロデューサーの知名定男と共に、これまで培ってきた世界を更に大きく広げている。現在、県内外でのライブやホームグラウンドの【ライブハウス島唄】で、多くの人々を魅了し続けている。

コメント

沖縄音楽界を代表する女性ボーカルグループです。結成以来何度かのメンバー交代を経つつ、世に送り出した名曲は数多く、常に安定した実力と高い人気を誇っています。一度でもライブに参加すれば、彼女たちの艶やかな姿と暖かい唄声、明るく気さくで人懐っこい人柄に、きっとファンになることでしょう。まずは、その唄声からどうぞ。(直夫)

ネーネーズを聴き始めたのはアルバム「サウダージ・オキナワ」から。「郷愁、思慕、切なさ」といった意味をもつサウダージ(ポルトガル語)。その言葉どおり、最初からスーッと馴染んで、心に沁みるアルバムでした。中でも「翼を休めに来ませんか」「庭のガジュマル」そして「黄金の花」は、今でも聴くたびに心がふるえます。1990年のデビュー以来メンバーチェンジを繰り返し、CDと同じ声を「生」で聴くことはできませんが、その名曲と「心」は現メンバーに引き継がれ、ライブで私達を魅了してくれます。(浩夫)

お薦めCD

彩

ライブに行ってみませんか?
2008年発売の最新アルバム。綾乃ネーネー、泉ネーネー脱退前の録音。ライブ会場での彼女たち4人の艶やかで、明るく楽しい姿が目に浮かぶ様なアルバム。 「ライブハウス島唄」がまだ宜野湾にあったころ、最前列の席で観た彼女たちの眩しかったこと。初めての体験にどぎまぎした事も今は笑い話。 那覇の国際通りに移転してからは、会場が豪華になったのに合わせて、彼女たちのステージもバージョンアップ!益々華やか、艶やか、時にはしっとりと。笑いが溢れるトークタイムもお楽しみのひとつ。終演後はメンバー全員との記念撮影で、ハイ、チーズ。ここでのお喋りもまた楽し! どうです、ライブに行きたくなったでしょう!?(笑)

ネーネーズの他のお薦めCD

サウダージ・オキナワ ゴールデン・ベスト 愁 贈りもの オリオンビールCMソング集
サウダージ・
オキナワ
ゴールデン・ベスト 贈りもの オリオンビール
CMソング集