ジャンルで探す ポップス ラテンオムニバス ヒーリング フォーク 民謡 クラシック

お客様の声
検索

お問い合わせはこちらから
お気に入りに入れる
めんそ〜れ!(ようこそ、いらっしゃいませ)「沖縄島唄くらぶ」へ はじめまして、高橋直夫(なおと)と高橋浩夫(ひろと)と申します。 数あるサイトの中から私どもを訪れてくださいまして、ありがとうございます。・・・

詳しくはこちら

インフォメーション
沖縄島唄くらぶ

〒531-0063
大阪市北区長柄東2−6−6−1101
代表/高橋直夫
WEBサイト代表/高橋浩夫

なおべぇのココ↓
「沖縄かりゆし日記」

入って下さい見て下さい!ココ↓
ヒロスケの「沖縄ナンクルだより」

TEL:06−6351−0336
受付時間10:00〜16:00(休業日除く)
FAX:06−6351−0336
E-MAIL:info@simauta.jp

JASRAC許諾番号:S0909172140
JASRAC許諾マーク

営業日カレンダー


のカラーの日は
各種対応をお休みさせて
いただいております。

沖縄島唄くらぶでは、売り上げの一部を 「沖縄の自然環境保護」に役立てるため 寄付させていただきます。
イチ押しアーティスト

成底ゆう子



プロフィール

1975年12月11日・沖縄県石垣島生まれ。
民謡歌手の親戚や、祖父が奏でる三線(さんしん)の影響で、幼少の頃から八重山民謡に親しむ。
3歳でピアノ を習い始め、小学校3年生の時には、地元の合唱団に入団。
高校2年、3年の時に出場した全国音楽コンクール県大会『声楽部門』では、2年連続金賞を受賞。
武蔵野音楽大学入学と同時に上京。卒業後、本格的な声楽を学ぶため歌劇団の研究生となる。
研修先の本場イタリアでの舞台を目前にして「声」が出なくなり、やがて帰国。
イタリアでの挫折を体験したのちに作詩・作曲活動を始め、ライブハウスを中心にソロアーティストとして活動を開始する。
2007年2月森繁久彌・DVD作品「霜夜狸」(しもよだぬき)の挿入歌・イメージソングとして、オリジナル楽曲「里景色」が選ばれる。
2008年3月「森繁久彌が21世紀に託した歌姫」としてアルバム「この地球に生まれて」リリース。
インディーズでの活動およそ9年を経て、
2010年11月10日(奇しくも森繁久彌命日)キングレコ‐ドからマキシシングル「ふるさとからの声」で、念願のメジャーデビューを果たす。

コメント

まさに奇跡としか言いようのない出会いにより、唄には人を引きつける強い力があることを教えてくれた、運命のアーティストです。(詳細は各CD紹介文をご覧ください)
その出来事が「島唄くらぶ」立ち上げの決断を、ポーンと後押ししてくれたのですから。もしあの時、あの出会いが無ければ…と考えると、眼には見えない強い力を感じずにはいられません。
彼女の唄には、親が子を想う深い愛情、家族への感謝といたわりの気持ち、人と人との絆、島の人々や自然への想いが、優しい唄声とメロディーに乗せて紡がれています。どうぞ楽曲のひとつひとつにじっと耳を傾けてみてください。聴く人の心に深く沁み渡り、魂が震え涙溢れる体験が待っています。(直夫)

成底ゆう子(なりそこゆうこ)を初めて知ったのは某サイトの試聴コーナーでの事。たまたま聴いた「真っ赤なデイゴの咲く小径」「秋色は満月の恋」に衝撃を受け、インディーズアルバム「DEIGO」を購入(残念ながらこのCDは現在廃盤)。その唄と声は私の心を強く揺さぶりました。そして時は過ぎ…石垣島を旅行中にカーラジオ(地元FM放送)から流れてきた「里景色」を聴いて再び衝撃を受け、心を鷲づかみにされました。今、こういう時代だからこそ、ひとりでも多くの人に彼女の"心に沁みる唄"を届けたい、聴いて欲しい…と、切に願います。(浩夫)

お薦めCD

この地球(HOSHI)に生まれて

この地球(HOSHI)に生まれて

今、あなたに届けます
沖縄県石垣島出身の彼女を知ったのは、「DEIGO」というアルバムが、最初でした。本来ならまず、その「DEIGO」を紹介すべきところですが、残念ながら現在(2009年秋)廃盤となり、それは叶いません。
しかし、彼女の唄を紹介する術を失い、落胆していた私たちに奇跡が起こりました。
あるプロジェクトの代表、T氏の強力なバックアップのもと、CD「里景色」と共に、このアルバムをお届けできることになったのです。
彼女の唄を、より多くの人たちに聴いてほしい。そう願ってやまなかった私たちにとって、これほど嬉しいことはありません。

成底ゆう子の他のお薦めCD

ゆるり 僕という名の地図 宝 TAKARA ポークたまご
里景色 ふるさとからの声 宝 TAKARA ポークたまご