ジャンルで探す ポップス ラテンオムニバス ヒーリング フォーク 民謡 クラシック

お客様の声
検索

お問い合わせはこちらから
お気に入りに入れる
めんそ〜れ!(ようこそ、いらっしゃいませ)「沖縄島唄くらぶ」へ はじめまして、高橋直夫(なおと)と高橋浩夫(ひろと)と申します。 数あるサイトの中から私どもを訪れてくださいまして、ありがとうございます。・・・

詳しくはこちら

インフォメーション
沖縄島唄くらぶ

〒531-0063
大阪市北区長柄東2−6−6−1101
代表/高橋直夫
WEBサイト代表/高橋浩夫

なおべぇのココ↓
「沖縄かりゆし日記」

入って下さい見て下さい!ココ↓
ヒロスケの「沖縄ナンクルだより」

TEL:06−6351−0336
受付時間10:00〜16:00(休業日除く)
FAX:06−6351−0336
E-MAIL:info@simauta.jp

JASRAC許諾番号:S0909172140
JASRAC許諾マーク

営業日カレンダー


のカラーの日は
各種対応をお休みさせて
いただいております。

沖縄島唄くらぶでは、売り上げの一部を 「沖縄の自然環境保護」に役立てるため 寄付させていただきます。
イチ押しアーティスト
欣之介

欣之介



プロフィール

沖縄県宜野湾市に生まれ、今も同市を拠点に“心の唄”を歌い続ける沖縄のシンガーソングライター。これまでに、アルバム「歩きはじめた俺」と「心の扉」、2枚のCDをリリース。2010年、「大城よしゆき」から「欣之介(きんのすけ)」へと改名。現在、県内外ライブハウスにて活躍中。

コメント

人との「縁」の不思議さを、改めて深く感じさせられたアーティストです。
事の始まりは数年前。沖縄旅行中、とあるホテルのショップで入手した「道」をテーマにしたオムニバスCD。その中に収められていたある曲がきっかけでした。その曲とは、大城よしゆき(後に欣之介に改名)「ふてんま通り」。
すっかりこの曲に魅せられた私は、その後何度も沖縄を訪れる度に、各地のCDショップを覗いては、彼のオリジナルアルバムを探し続けていました。そしてついにコザ(沖縄市)で出会ったのです。ショップの棚の中に一枚だけ残っていた「ふてんま通り」を含むミニアルバム、大城よしゆき「歩きはじめた俺」に。
それよりさらに時は流れ、奇跡的な「縁」は(詳しくは、大城よしゆき「歩きはじめた俺」のコメントをご覧ください)アルバム「心の扉」との出会い、ライブ会場での彼との対面へと繋がり、今日に至っています。
百読は一聴にしかず。心の唄を歌い続ける沖縄のフォークシンガー欣之介の唄に、ぜひ耳を傾けてみてください。きっとあなたも魅力的な声、詩、メロディーの虜になることでしょう。(直夫)

欣之介との出会いは、兄が買ったCD「歩きはじめた俺」(大城よしゆき名義のアルバム)でした。3曲目の「ふてんま道り」を聴いた瞬間、切なさと懐かしさを感じさせる、その曲と歌声に魅了され「多くの人に聴いてもらいたい」と思うように…しかし「ライブ会場以外で彼のCDを入手するのは困難」な現実と直面、半ば諦めていたのですが…その後、縁あって、こうして皆様にCDをご紹介できる事を幸せに思います。是非、彼の“心の唄”をお聴きください。(浩夫)

お薦めCD

心の扉

心の扉

大城よしゆき改め欣之介。今、新たなる旅の始まり。
心の唄を歌い続ける沖縄のフォークシンガー。
大城よしゆき改め、欣之介としてのファーストアルバムです。
名前は変わってもステキな詩と曲、魅力的な唄声は不変です。
A、B、の切ない詩とメロディー。一転、軽快で爽快ノリノリでご機嫌なC。Dの三線の音色と共に聴こえて来る、優しく暖かいメロディーと唄声に耳を澄ませば、遥か南の島の情景が瞼に浮かび、懐かしさに涙が込み上げて来ます。
Fでは、哀愁を帯びたハーモニカの響きに、名曲「ふてんま道り」を思い出します。

欣之介の他のお薦めCD

歩きはじめた俺 今年の夏は海へ行こう
歩きはじめた俺 今年の夏は海へ行こう